PC・ネット関係のカテゴリ記事一覧

カテゴリ:PC・ネット関係

PC・ネット関係のカテゴリ記事一覧。自宅でもネットでお小遣いは稼げます そんなネットで稼げるお小遣いサイトの情報をお届けしています

2021-02-18PC・ネット関係
詐欺(迷惑)メールの話題です。カード関連が増えてきた?不定期にお届けしている詐欺(迷惑)メールの記事です。私がポイントサイトなどお小遣い稼ぎに利用しているのはYahoo!フリーメールですが、そこへは毎日のように詐欺(迷惑)メールが送られてきます。最近はYahoo!の振り分け精度が向上しているのか、ほとんどの詐欺(迷惑)メールは「迷惑メールフォルダ」へと自動的に振り分けられています。それでもたまには詐欺(迷惑)...

記事を読む

2020-11-30PC・ネット関係
パソコンの話題パソコンのモニター買い替えを決意私が利用しているパソコンはDELLのデスクトップ。パソコンは本体のみで購入したので、モニターは別途購入していました。私が初めてデスクトップパソコンを購入したのは、このブログを開設するちょっと前だったと思うから、もう12年以上前のことです。その時初めて購入したパソコンのモニターはこれでした。NEC LCD174WXM (17型)デスクトップパソコンを利用するまではノートパソ...

記事を読む

2020-10-24PC・ネット関係
詐欺メールの話題二回目特別定額給付金?久し振りにYahoo!フリーメールの「迷惑メール」をチェックしてみると、こんなメールが来ていました。日付は・・・10月18日(日)【メールタイトル】 二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。【メール本文】特別定額給付金の概要令和2年10月14日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援...

記事を読む

2020-09-19PC・ネット関係
パソコンの話題娘から緊急連絡が先日、大学生の娘から連絡がありパソコンが起動しない!とのこと。話を聞くとパソコンの電源ボタンを押すと、ロゴマークが出た後、黒い画面に英語で文字が表示されていて、何かのキーを押すと、またロゴマークが出て英語の文字列が出るという繰り返しらしい。その文字列とはInsert system disk in drive.Press any key when ready...自分で何とかしようと思ったけど、どうにもならないらしい。娘が...

記事を読む

2020-07-01PC・ネット関係
詐欺(迷惑)メールの話題です。Amazon、Appleなどが主流?私がポイントサイトへの登録に利用しているYahoo!のフリーメールですが、相変わらず迷惑メールが毎日たくさん送られてきています。アカウントによって違いはありますが、メインで利用しているアカウントには毎日10~30通くらいの迷惑メールが送られてきます。まぁ、たいていは普通の(?)迷惑メールですけどね。・アダルト関連・情報商材関連などが多いですね。でも、迷...

記事を読む

最近の詐欺メール事情 2021年2月版

詐欺(迷惑)メールの話題です。


カード関連が増えてきた?

不定期にお届けしている詐欺(迷惑)メールの記事です。

私がポイントサイトなどお小遣い稼ぎに利用しているのはYahoo!フリーメールですが、そこへは毎日のように詐欺(迷惑)メールが送られてきます。

最近はYahoo!の振り分け精度が向上しているのか、ほとんどの詐欺(迷惑)メールは「迷惑メールフォルダ」へと自動的に振り分けられています。

それでもたまには詐欺(迷惑)メールが「受信箱」へと振り分けられていることもありますが、それは少数なので気にするほどではありませんね。




その詐欺(迷惑)メールですが、半年ほど前は
・Amazon
・Apple
関連の物が多かったですね。

→ 最近の詐欺メールは一部の企業を装うものだけになってきたのかな? 2020年7月



それよりも以前は
・ヤマト運輸
・佐川急便
などの宅配業者を装ったものが流行って?いました。





さて、久し振りに詐欺(迷惑)メールをチェックしてみました。

数えきれないほどの迷惑メールが来ていましたが、その中からいくつか詐欺メールだと思われるものをピックアップしてみました。

一覧




相変わらず
・Amazon
・Apple
関連もありますが、

2月になってから多いなと感じたはカード関連のメール
・楽天カード
・エポスカード
・三井住友カード
などを騙った詐欺メールが送られてきています。





その内容はこんな感じ

【楽天カード】

楽天


楽天カードは持っているし楽天e-NAVIにも登録していますが、残念ながら私が楽天e-NAVIに登録しているのは別のメールアドレスです。





【三井住友カード】

三井

残念ですが、私は三井住友カードを持っていません。





ある意味すごい詐欺メール

今回送られてきていた中で、私がすごいと思った詐欺メールがあります。

それは「お支払い待ち」というタイトルのメール

待ち



同じようなメールはこれ以外にもたくさん送られてきていましたが、内容はすべて一緒。


その内容というのが、これ

支払い待ち


ほぼ隙間無しに埋め込まれた文字・・・
その内容にかかわらず、読むのを途中であきらめさせてしまうメールです。

私もくじけそうになりましたが、がんばってなんとか最後まで読みましたよ

簡単に言えば
「あなたのパソコンにトロイの木馬(ウィルス)を仕込んだ。
あなたが趣味としている恥ずかしい動画を知り合いに送付されたくないなら、Bitcoinを指定した額、指定した先に送金しなさい。
猶予は48時間です。」



詐欺メールの内容としては昔からある一般的なものですが、この文字詰込み方式のメールは初めて見ました。

この詐欺メールを送信した人には申し訳なのですが、このメール、効果がほとんど無いかもしれませんよ。
だって、普通の人は最後まで読めないんじゃないかな?

私は頑張って最後まで読みましたが、最初に見た時には5行ほどで一度は読むのをあきらめましたからね。

送信者は言いたいことは全部言わなくちゃ気が済まない性格の人なのかもしれませんけど、これでは伝えたいことも伝わらないと思いますよ。

でも、そのおかげでこの詐欺メールに引っかかる人は少なかったかもしれませんね。





今回紹介したのは、わりと簡単に詐欺メールだとわかるようなものでしたが、本物と間違えてしまうような詐欺メールも増えてきているので、メールに記載されているリンクは安易にクリックしないように気を付けていたほうがいいと思いますよ。

コロナ禍でネットを利用する機会が増えているので、こういった詐欺メールに接する機会も増えるでしょうから気を付けましょうね。




 カテゴリ
 タグ
None

パソコンのモニターを12年振りに買い替えてみました

パソコンの話題


パソコンのモニター買い替えを決意

私が利用しているパソコンはDELLのデスクトップ。

パソコンは本体のみで購入したので、モニターは別途購入していました。


私が初めてデスクトップパソコンを購入したのは、このブログを開設するちょっと前だったと思うから、もう12年以上前のことです。
その時初めて購入したパソコンのモニターはこれでした。

NEC LCD174WXM (17型)

モニター


デスクトップパソコンを利用するまではノートパソコンを利用していて、そのモニターサイズは14~15型でした。
ですから、それよりも大きい17型のモニターは、すごく大きくて見やすく感じていました。



しかしながら、さすがに12年以上も使っていると、画面が全体的に黄色くなってきました。

また、年齢のせいもあるかもしれませんけど、小さな文字が見づらくなってきました。
私の場合、漫画が好きなので、パソコンで電子書籍を見ているのですが、小さな文字は読みづらく、画面に顔を近づけて文字を読んだりすることもありました。


画面の色もおかしいし、画面が小さいと感じるようになってきたので、思い切ってモニターを買い替えることにしました。




どのサイズにしようか?

モニターを買い替えるのはいいけど、どのサイズにしたらいいのでしょう?

比較対象として、娘が使っていたモニターがあります。
大きさは21.5型です。

できれば、それよりも大きいほうがいいみたい。
となると、24型か27型ということになるでしょう。

モニターカタログの仕様には幅・高さなどが記載してありますが、ピンと来ない。

そこで、電気店に行って実際に大きさをチェックしてみました。

実際に目の前で見てみると、27型はかなり大きいですね。
画面から目を遠ざけないと、逆に見づらいかもしれません。

24型くらいがちょうどいいみたい。
大きくて見やすいけど、大きすぎて見づらいということもありません。


ということで、サイズは24型に決定。




結局、オークションで

モニターを購入することにしましたが、モニターに関する知識はほとんど無いので、まず情報を集めることにしました。

・メーカー
・新品価格
・中古価格
など

私が希望する24型のモニターだと
・新品・・・11,000円~
・中古・・・1,000円~
といった感じでしょうか。


パソコンのモニターは経年で色褪せたりする「消耗品」でしょうから、安くてもあまり古いものだともったいないかもしれません。
で、新品でも11,000円ほどで購入できるので、新品の購入を真剣に考えました。

でも、そこそこの程度ものが安く購入できればそれが一番いいので、一応、中古のモニターもチェックしてみました。

・フリマアプリ
・大手ショッピングサイト
などの中古モニターは高すぎて論外となりました。

家の近くにあるリサイクルショップへも行ってみましたが、残念ながら希望するサイズのモニターはありませんでした。




さて、私がよく利用しているオークションサイトのヤフオク!

さすがに品数も多く、落札金額もわりと安いですね。

私が希望している24型あたりのサイズは一番出品数も多いみたいで、全ての出品はチェックできないほどたくさん出品されています。

メーカーも
・IODATA
・Acer
・ASUS
・iiyama
・BenQ
・LG
など、ほとんどのメーカーのモニターが出品されています。



あまりに出品数が多いので迷いましたが、入札したのはこのモニター。

PHILIPS 243V5QHABA/11(23.6型)

落札


私も知らなかったのですけど、シェーバーなどで有名な、あの「PHILIPS」です。
PHILIPSがパソコンのモニターを製造しているって初めて知りました。


このマイナー(?)なモニターを選んだ理由は

・現行モデルである
他のメーカーのモニターの場合、私が希望する落札価格になりそうなものは、ほとんど生産終了モデルか生産からの年数がかなり経過しているものが多い。

・レビューが高評価
新品でも割と安い価格のモニターですが、値段の割に評判がいい。





さて、入札の結果・・・・無事に落札することができました。


で、落札価格は・・・2,680円

支払い



品物はモニターということで、ある程度の送料がかかってしまいましたが、500円引きクーポンも利用できたので、4,250円の支払いで済みました。
※保有していたTポイント350ポイントを支払いに利用したので、支払合計は3,900円。




すごく見やすい

落札から数日後、無事モニターが届きました。

これまで使っていた17型のモニター(右側)と並べてみると大きさの違いがわかります。

DSC_0154.jpg



コード類をつないでパソコンを起動してみると、思ったよりもきれいな画面でした。

DSC_0155_20201129171333a2f.jpg
※サッカーの皇后杯のネット中継を見ているところ



出品情報には「多少の傷・汚れあり」と記載されていましたが、ほとんど「傷・汚れ」はなく、また画面も色あせやドット抜けも無く、新品同様みたいでした。

これで新品の半額以下の4,250円(落札代金+送料-クーポン値引き)で手に入れることができたのは良かったです。



さらにもうひとつ予想外にうれしかったのは、スピーカーがわりとまともだったこと。

このランクのモニターのスピーカーは、たとえ装備されていてもほとんど期待できないことが多いみたいです。
実際、娘が使っていた21.5型のモニターのスピーカーも音が小さく、最大にしてもよく聞き取れないほどでした。

他のメーカーの24型のモニターのレビューを見ても、「スピーカーは期待できない」というものがほとんどでした。
ですから、このモニターもそうかもしれないので、外付けスピーカーの購入も考えていました。

ところが、思ったよりもまともなスピーカーで、音量もそこそこ大きくてサッカー中継なども普通に楽しむことができました。
※大音量・高音質を求める方には物足りないかも




今回、12年振りにパソコンのモニターを買い替えてみましたが、さて、次に買い替えるのはいつのことになるでしょうか?

故障など発生したら早くなるかもしれませんけど、以前の17型のモニターのように長く使い続けられるとうれしいです。




【関連記事】
娘のパソコンが起動しない! その原因は?
ゲーミングパソコン・・・?
娘のパソコンをヤフオク!で落札 なんと6,000円分のTポイントがもらえた
パソコンの電源スイッチの不具合 部品を交換したら復活してくれました
ノートパソコンの冷却ファンを交換してみました
メインパソコンもSSDに交換してみた




 カテゴリ
 タグ
None

【詐欺メール】総務省をかたる偽通知メールが私にも来ていた

詐欺メールの話題


二回目特別定額給付金?

久し振りにYahoo!フリーメールの「迷惑メール」をチェックしてみると、こんなメールが来ていました。

日付は・・・10月18日(日)


【メールタイトル】 二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。

総務省




【メール本文】
特別定額給付金の概要
令和2年10月14日、「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」が閣議決定され、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行うため、二回目特別定額給付金事業が実施されることになり、総務省に特別定額給付金実施本部を設置いたしました。

施策の目的
 「新型コロナウイルス感染症緊急経済対策」(令和2年4月20日閣議決定)において、「新型インフルエンザ等対策特別措置法の緊急事態宣言の下、生活の維持に必要な場合を除き、外出を自粛し、人と人との接触を最大限削減する必要がある。医療現場をはじめとして全国各地のあらゆる現場で取り組んでおられる方々への敬意と感謝の気持ちを持ち、人々が連帯して一致団結し、見えざる敵との闘いという国難を克服しなければならない」と示され、このため、感染拡大防止に留意しつつ、簡素な仕組みで迅速かつ的確に家計への支援を行う。

事業費(令和2年度補正予算(第2号)計上額)
 12兆8,802億93百万円

給付事業費 12兆7,344億14百万円
事務費 1,458億79百万円

事業の実施主体と経費負担
実施主体は市区町村
実施に要する経費(給付事業費及び事務費)については、国が補助(補助率10/10)

給付対象者及び受給権者
給付対象者は、基準日(令和2年9月27日)において、住民基本台帳に記録されている者
受給権者は、その者の属する世帯の世帯主

給付額
 給付対象者1人につき10万円

最後に総務省のバナーも掲載されていました。

ロゴ







もし、「二回目特別定額給付金」というものが本当であれば、とっくにニュースなどで話題になっていたり、公式にお知らせがあっているでしょうけど、そういったものはありませんでしたからね。

「二回目特別定額給付金」というワードで検索してみると、いろんなサイトでこれが詐欺メールだと警告されていました。

総務省からも注意のお知らせがされていました。

→ 総務省 「特別定額給付金の給付を騙ったメールに対する注意喚起」


特別定額給付金の給付を騙ったメールに対する注意喚起

 10月15日(木)の早朝頃から、総務省を騙るメールアドレス(info_atmark_soumu.go.jp)から、「二回目特別定額給付金の特設サイトを開設しました。」といった旨及び偽の特設サイトに誘導するリンクが含まれたメールが送信されているとの情報が寄せられております。
(メールの誤送付防止のため、「@」を「_atmark_」と表示しております。)

 当該メール及びサイトは、総務省も含め、行政機関によるものではなく、情報の詐取などを目的としたものと思われますので、決してリンクにアクセスせず、当該メールを削除してください。

 また、特別定額給付金について、政府からメールなどでお知らせをすることはありませんので、上記以外のメールアドレスから、総務省や行政機関を名乗ったメールが届いたとしても、情報の詐取などを目的としたものと考えられますので、御注意ください。





検索して調べてみた結果、これはフィッシング詐欺みたいで、掲載されているリンクをクリックすると偽のオンライン申請サイトへ遷移するみたいです。

ちなみに、上のほうにある赤枠で囲まれたリンクをクリックすると、その偽のオンライン申請サイトへ遷移するということです。

で、一番下にある総務省のバナーリンクですが、こちらをクリックすると本物の総務省のサイトへ遷移するみたいですね。

ですから、けっこう巧妙かもしれません。
最初に総務省のバナーをクリックすると本物へ遷移するので、このメールが本物だと信じて上部の「特別定額給付金ポータルサイト(サイトへリンク)」というリンクをクリックして個人情報を入力してしまう可能性がありますからね。



政府や自治体などの正式な事業は、このようにメールでお知らせがあることはありませんから、いくら本物みたいでも疑ったほうがいいと思います。

最近の詐欺メールはかなり巧妙になってきていますから、皆さんもご注意ください。




【関連記事】
最近の詐欺メールは一部の企業を装うものだけになってきたのかな?
最近の迷惑メール事情
【迷惑メール事情】 「すみれ」や「さやか」など・・・




 カテゴリ
 タグ
None

娘のパソコンが起動しない! その原因は?

パソコンの話題


娘から緊急連絡が

先日、大学生の娘から連絡があり

パソコンが起動しない!

とのこと。


話を聞くと
パソコンの電源ボタンを押すと、ロゴマークが出た後、黒い画面に英語で文字が表示されていて、何かのキーを押すと、またロゴマークが出て英語の文字列が出るという繰り返しらしい。

その文字列とは

Insert system disk in drive.
Press any key when ready...




自分で何とかしようと思ったけど、どうにもならないらしい。


娘が通う大学もまだリモート授業がメインなので、パソコンが使えないと致命的みたい。
とりあえず、友達のノートパソコンを借りてしのいでいるらしい。



緊急事態なので、翌日、以下の物を持って娘の元へと駆け付けました。
・私のノートパソコン
・予備のSSD(新品)
・精密機械用のドライバーセット


さて、娘のパソコンの電源を入れると、娘が言っていた現象が出てパソコンは起動してくれません。

・帯電の処理
・メモリの差し直し
などをやってみましたが、同じ結果。


で、パソコンの修復画面を出して
・スタートアップ修復
・システムイメージ修復
などをやろうとしましたが、全く反応なし(エラー表示になります)


娘のパソコンにはバックアップしていない大事なデータ(趣味)が入っているらしく、できればデータがすべて消えてしまうリカバリーは避けたいということ。


でも、この状況ではリカバリーも仕方ないので、説得してリカバリーを試みてみました。

でも、リカバリーも全くダメです。
エラー画面となります。


これはもうソフト面の障害ではなく、ハード面の障害という可能性が大かも。

試しにBIOS画面を見てみると・・・

HDD無し


んっ!
HDD(SSD)の項目が無い。

通常であれば、CPUの下にHDD(SSD)が表示されているはずですが・・・

HDD(SSD)を認識していないということですね。
ということは、搭載されているSSDが壊れている可能性が高いということでしょう。




SSDを交換してみることに

ということでSSDを交換してみることにしました。

こうなる事態も想定していたので、緊急用に保管していた新品のSSDを持ってきていました。


さて、パソコンの裏を開けてみると・・・SSDが無い!?

ssd場所



赤枠で囲っている箇所にすっぽりとはまっているようにSSDがあるはずなのですが、そこには小さい基盤のようなものがあるだけ。


拡大したもの

DSC_0155.jpg




どういうこと?
と、調べてみると、その小さな基盤のようなものがSSDだということです。

私は全く知らなかったのですが、「mSATA」という規格のSSDだそうです。

普通の規格のSSDよりもかなり小さいサイズです。

こんな感じ
上が普通のSSD
下がmSATA規格のSSD
DSC_0153.jpg



mSATA規格のSSDは持っていないので入手しないことには作業は進みません。


ということで、私が使っていたノートパソコンを娘に渡し、娘のパソコンは持ち帰って、mSATA規格のSSDを入手してから我が家で作業をすることにしました。



注文したmSATA規格のSSD(値段は5千円ちょっと)が来たので(上の画像のもの)、さっそく作業することに。

新しいSSDを装着してBIOS画面をチェックしてみると、ちゃんとHDD(SSD)を認識してくれました。

HDDあり






ということで、OSを入れることに。

娘のパソコンは、元々Windows 8 だったので、付属していたリカバリーディスクを使ってインストール。

DSC_0164.jpg





Windows 8 のインストール後、ネット接続設定をして、BIOSの最新バージョンをインストールしてみました。

バージョン 3.10 → バージョン 5.10

510.png



というのも、dynabookでは古いBIOSバージョンのままだと、たまに上記の
Insert system disk in drive.
Press any key when ready...

という文字列が出るエラーが出て起動できないことがあるらしいのです。

もし、古いBIOSバージョンのせいで今回のトラブルが発生していたのであれば、BIOSのバージョンアップをすることにより、データが入っている古いSSDでパソコンが起動する可能性もありますからね。


BIOSのバージョンを最新にしたところで、元々装着されていたSSDに付け替えてみました。
しかし、残念ながら元々のSSDはやっぱり認識してくれませんでした・・・




そこで、Windows 8 を入れ直した新しいSSDに装着し直して、それをWindows 10 にアップグレードしました。

DSC_0165.jpg




Windows 10 へのアップグレードが終えたので
・セキュリティソフト
・Google Chrome
などをインストールして、娘のパソコンは使える状態になってくれました。


ただ、娘が希望していたデータの取り出しは、現在のところ無理な状況です。

元々装着されていたSSDは保管しているので、もしかすると業者さんに依頼すればデータは取り出すことができるかもしれませんけど、高額な費用がかかるかもしれませんから、そこは娘の判断に任せようと思っています。




データのバックアップはまめに

今回のパソコンが起動しないというトラブルは、結果的にはSSDを交換してOSをインストールし直せば解決するという、わりと単純なものだったのですけど、問題は大切なデータが残せなかったということ。

今回はハード面でのトラブルだったみたいですけど、ソフト面でのトラブルでも同じように大切なデータが無くなってしまうことは多いと思います。

トラブルの前兆があればデータのバックアップもできるかもしれませんけど、今回のようにいきなりトラブルが発生してしまうと、バックアップしていなかった分のデータは無くなってしまうことになります。

そして、たいていのトラブルは今回のようにいきなり発生するとが多いですからね。


ですから、大切なデータはまめにバックアップしておいたほうがいいですね。

私も過去に何度もトラブルで大切なデータを失ったことがあります。

そして、そういったトラブルが発生した後しばらくはバックアップをまめにやっているのですけど、しばらくするとバックアップするのを忘れてしまってしまうんですよね。

ですから、例えば毎月1日にはバックアップする、など、定期的にバックアップする習慣をつけておくようにしたらいいかもしれませんね。

パソコンそのものは復活させることはできますが、失ったデータは復活させるのはむずかしいですからね。



【関連記事】
娘のパソコンをヤフオク!で落札 なんと6,000円分のTポイントがもらえた
パソコンの電源スイッチの不具合 部品を交換したら復活してくれました
パソコンが起動できない これはもうダメかも?
ノートパソコンの冷却ファンを交換してみました
パソコンが起動できない、その原因は?




 カテゴリ
 タグ
None

最近の詐欺メールは一部の企業を装うものだけになってきたのかな?

詐欺(迷惑)メールの話題です。


Amazon、Appleなどが主流?

私がポイントサイトへの登録に利用しているYahoo!のフリーメールですが、相変わらず迷惑メールが毎日たくさん送られてきています。

アカウントによって違いはありますが、メインで利用しているアカウントには毎日10~30通くらいの迷惑メールが送られてきます。

まぁ、たいていは普通の(?)迷惑メールですけどね。
・アダルト関連
・情報商材関連
などが多いですね。


でも、迷惑メールの中には明らかな「詐欺メール」も含まれています。
つまり、私たちの登録情報やクレジット情報を盗み出そうという目的で送られてくるメールです。



以前は、いろんな大手企業を装う詐欺メールがありましたね。
・銀行などの金融機関
・ヤマト運輸・佐川急便などの宅配業者
など



でも、最近、私へ送られてきている詐欺メールは、装う企業が一部に絞られてきている感じです。

6月に私へ送られてきた詐欺メールをチェックしてみると、たった2つの企業を装うものだけでした。

それは
・Amazon
・Apple




6月に送られてきた詐欺メールの一部
※同じタイトルのメールが多数ありましたので一部だけ紹介します。

詐欺メール




そのメール内容はこんな感じ

【Amazon】

ama1.png




ama2.png





【Apple】

app1.png




app2_20200630172731655.png






詐欺メールだと判別する方法

これらのメールは普通に「怪しい」と思われる方が多いでしょうけど、こういったメールに慣れていない方は、本物と同じロゴも使われているので、本物からのメールだと思ってしまうかもしれません。

実際、これらの詐欺メールにだまされて登録情報などを送信してしまう人が後を絶たないみたいですからね。


さて、詐欺メールの判別方法ですが、いろんなやり方があるかと思いますが、私がやっている方法を紹介します。


【リンクアドレスを確認する】

たいていの詐欺メールには文字リンクやボタンリンクが設置されています。

上で紹介した詐欺メールで説明すると

青文字のリンクにカーソルを合わせると、そのリンク先がブラウザの左下に表示されます。


【リンクにカーソルを合わせる】

リンク


【ブラウザの左下に実際のリンク先が表示される】

リンク2




詐欺メールの文字リンクは、あたかもAmazonへのリンクみたいに
https://amazon.co.jp/login/verification
と記載されていますが、実際には全く違うリンク先となっていますよね。

これで、このメールは詐欺メールだと判別することができます。

※文字リンクだけではなく、ボタン形式のリンクでも同じように判別できます。



ちなみに、本物のAmazonだと、記載されているリンクにカーソルを合わせてブラウザの左下に表示されるリンクアドレスは必ず
https://www.amazon.co.jp/
という文字列から始まるようになっています。



ですから、こういったメールが送信されてきて、もし本物だと信じたとしても、一応このような確認をした方がいいと思います。

そして、本物とは違う、怪しいと感じたら、絶対にそのリンクはクリックしないことです。

これらの詐欺メールの多くは、そのリンクをクリックしても、登録情報やクレジット情報を入力する偽画面が表示されるだけでしょうけど、中にはウィルスを感染させるようなメールもあるかもしれませんからね。

そして、それらのメールはすぐに削除しておきましょう。



※あと、詐欺メールの場合は、メールの文章が日本語的におかしい、ということも多いですね。
今回紹介した詐欺メールは、それほどおかしいとは思えないような文章でしたが、明らかに翻訳ソフトを使っているとわかるような文章のメールもあります。

これらの詐欺メールの多くは外国人(特に某国)がかかわっているみたいなので、翻訳ソフトを使った変な日本語の文章のメールが見受けられます。




でも、そのメールに記載されていることがもし本当だったら・・・
と心配される方は、本家のサイトを直接訪問してマイページで確認してみたらいいと思います。

もし本当であるならば、マイページにも同じ記載がされているはずですからね。
マイページに同じ記載がされていなかったら、そのメールは偽物だということです。



私は以前、これらと同じような詐欺メールにだまされそうになったことがあるので、本家から本物のお知らせメールが来ても、メールのリンクからは訪問せず、直接、本家サイトを訪問してマイページで確認するようにしています。

詐欺メールも日々進化していますから、いくら詐欺メールに慣れているから大丈夫だと思っていても、だまされてしまう可能性がありますからね。



個人でもそうですけど、大手企業でもこういったメールから(添付ファイルを開くなどして)不正アクセスされる事例が後を絶ちません。

これらのメールは進化し続けていますから、こちら側ではそれにだまされないように個人でも対策する必要がありますね。




 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © かおりの毎日ポイント生活 ~ネットで稼げるお小遣いサイト情報~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます