先日発売が開始されたWindows 8

そのことは知っていたけど、3世代も前のWindows XP を使っている私には
どうでもいい話・・・と思っていた。

どうせ、2万円くらいするんだろうし、XPで十分、って思って。

ところが、ぴぴっとさんの記事をみたら、なんと・・・3,300円でダウンロードできる!

しかも、XPからアップグレードできるということ。
新たにインストール(クリーンインストール)するのと違って、作業も簡単かな?

それに、3,300円で最新のOSにできるんだったらと、さっそくインストールしようとした。



ところが・・・

パソコンに入れているアプリの多くが「互換性がありません

互換性




つまり、Windows 8 を入れると、それらのアプリがほとんど使えなくなるということ。

Office(ワードやエクセル)、たくさんの情報を登録している年賀状ソフト・・・
その他にもいろんなアプリが使えなくなる。
特に、年賀状シーズンを前に、年賀状ソフトが使えなくなるのは困る。

もちろん、いろんな方法で使えるようにすることはできるけど、それも面倒。
また、互換性があるアプリだって再インストールしなくちゃいけないみたい。

結局のところ、クリーンインストールするのと一緒。

パソコンに障害が起きて使えなくなった、などの緊急の場合でなければ
クリーンインストールする元気はない。

OSのインストールそのものは、意外と簡単だけど
膨大な量のアプリのインストールと設定は1日がかりの大作業。

何の不具合もなく快調なパソコンなのに、そんな面倒なことやりたくない。


ということで、今回はスルー。

もうしばらく様子見しようと思います。
どうせ目玉のタッチパネルは、私のパソコン環境では使えないんだし・・・




【おまけ】
Windows 8 を購入した人からの苦情が多いらしい。
タッチパネルが使えない」という苦情。

タッチパネルは、タッチパネル対応の機種でしか使えません。

こういった勘違いする人は多いみたい。

Windowsが初めて登場した時は、買った人から
パソコンが入っていない!」という苦情があったそうな。


そういえば、以前働いていた車関係の会社で、営業の人が言っていた。
女性の方には、そこまで説明しなくても・・・というほど説明しなくちゃいけない。

例えば、ガソリンは無くなる前に入れるようにしてください、とか。

車のガソリンは、月に1回入れれば、どれだけの距離を走っても、その月は大丈夫と思っている人もいるみたい。
電気・ガス料金の支払いと同じ感覚らしい・・・


※本日は、もう一つの記事もアップ・・・お友達ブログの紹介


このエントリーをはてなブックマークに追加     Yahoo!ブックマークに登録
関連記事


 カテゴリ
 タグ
None