12月分のハピタス宝くじの結果


交換できなかった人も多い12月の宝くじ、私は何とか交換できた。

まず、恒例のジャンケン
ドル箱の時よりも簡単でスピーディになっている

ドル箱の時は引き分けや負けることもあったけど、ハピタスではどうだろう?
ハピタス宝くじジャンケン



いつものように「グー」を出す・・・勝ち
ハズレ券は596枚だったけど、宝くじ交換券は60枚もらえた、四捨五入なのかな?
ジャンケン勝ち




さて、宝くじの抽選結果は

交換枚数・・・660枚
当たり・・・64枚

5等・・・2枚・・・40pt×2
6等・・・1枚・・・10pt
7等・・・61枚・・・2pt×61

合計獲得ポイント・・・212pt

ハピタス宝くじ通帳 

5等が2枚も当たったので満足の結果。



ところで、この宝くじ、今月は交換枚数が一人200枚までと制限されている。
皆さん交換できるようにとの処置らしい。

たしかに、12月みたいに交換できない人がたくさんあるのは良くないと思う。
しかたない処置なんでしょうね。

でも、宝くじ交換券は毎月200枚以上はもらっている。
トップページのバナーだけでも、現在は9個の宝くじ交換券バナーがあるから、
1ヶ月でも270枚はもらえることになる。さらにはメールクリックでももらえるからね。

宝くじ交換券を利用できる別のコンテンツを用意するということだけど、
今のサイト状態で、そんな新しいコンテンツを用意なんてできるのかな?
まぁ、信じたいとは思う。


でも、交換できる枚数に制限があるって・・・何か変な気もする。
交換枚数は無制限のままで、ハズレの枚数を増やせばいいだけじゃないのかな?

当選確率を下げたくない、という思惑もあるのかもしれないけど、
・当選確率は下げないけど、持っている分すべては交換できない
・当選確率は下がるけど、すべて交換できる

利用者はどちらを望んでいるんでしょうね?


毎月の換金額にも上限(3万円)があるけど、あまり上限は設けない方がいいような気もする。
ポイントもそうだけど、宝くじ交換券だって交換できなければ
何の意味もない、ただの「数字」に過ぎないんだからね。

結果はどうあれ、交換できて初めて意味のあるものになるんだと思う。



さて、1月度のランク反映とランクボーナス・ハピ友ポイントの付与は
1月10日以降になるそうです。

ドル箱の時は、毎月1日には反映・付与されていた。
今月はお正月休みがあったせいもあるけど、本来なら7日には付与されてもいいんだけど・・・
まだまだ、このあたりはリニューアルの不具合の影響があるのかな。

12月は、私にとって特別な月だった。
申し込んでいた案件がまとまって承認されたのと、ハピ友ポイントが多めにいただけたので、
初めて、ひと月のポイント獲得額が3万円を超えた。

1ヶ月の換金上限額が3万円なので、いわゆる「全額換金できない人」の仲間入りができた。
喜んでいいのか・・・微妙なところ。

実際にそうなってみるとよくわかるけど、獲得したポイントを換金できないというのは
けっこう腹立たしい。

例えば、コンビニでバイトやっていて、日給が5,000円だったとする。
店長曰く
うちの店は1日に4,000円までしか現金では払えないシステムだから、
残りの1,000円は翌日に回すか、その分で店で売っている本を買ってね。


現在、ハピタスではこの状態。
毎月3万円を超える分のポイントは翌月に回すか、ハピタス堂書店で買い物するしかない。

近いうちに、この3万円の上限を引き上げる予定(ゴールド会員のみ)らしいけど、
すべての会員で交換上限を撤廃すべきだと思う。

正規の方法で獲得したポイントなのに交換できないなんて、おかしいと思う。

それならいっそのこと、毎月獲得できるポイントの上限を設けてもらった方がいい。
そうなれば、その上限のポイント分しか活動しないようになるから無駄なことをしなくても済む。


毎月の交換額の上限設定は不正対策のためなんだろうけど、、
不正対策はそれで別にちゃんとやるべきことで、第三者に迷惑をかけるような今の方法はどうかと思う。

ハピタスは「高還元」を売りにしているポイントサイトなんだから、
毎月、多くの案件に申し込んで、多くのポイントを獲得している人も多いと思う。
そんな「優良会員」のためにも、交換上限はなくすべきだと思う。


ハピタスは、私の好きなサイトで、案件申し込みも一番多いサイトだから、
厳しいことも言わせていただきました。


ハピタスは、トップクラスの還元率を誇るポイントサイトです。

ハピタスの詳細記事


日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス 



このエントリーをはてなブックマークに追加     Yahoo!ブックマークに登録
関連記事


 カテゴリ
 タグ
None