久し振りにPointShopなど、データネットワークシステムズのサイトを訪問してみました。

訪問するのは今年になって初めて。
最近は、3~4ヶ月に一度訪問するくらい。

毎月15日がポイント交換の締切だから、たま~に思い出した頃、
10日過ぎあたりに訪問して保有ポイントをチェックしている。
自分では活動していないけど、活動してくれているダウンさんもいらっしゃるから。


系列6サイトを訪問してみたけど、交換可能額に達していたのはPOINTINだけ。
他の5つのサイトは交換可能額(300円)に達していなかった。

ところが、POINTINでは意外な額が貯まっていた。

POINTIN通帳

100pt=1円だから、2,251円分も貯まっていた。 ダウン数・・・20人


それに反し、この系列の中で一番ダウンさんが多いPointDream・・・806人

PoinDream通帳

でも、この3ヶ月ほどでは300円分のダウン報酬には達していなかった。
13,675pt=136円分


この違いは何だろう?
確かに、POINTIN はマニアックな会員さんがいることで有名なサイト。
たぶん、超マニアックなゲーム「スロット」がPOINTIN にだけあるからだと思う。
それにしても、このポイントは意外だった。



ちなみにデータネットワークシステムズ運営は全部で6サイト
PointPay
POINTIN
PointDream
PointShop
6up
PointMember

たぶん、この並びがサイト開設の順番だと思う(不確か)
※これ以外にも、すでに閉鎖した別サイトもあったけど、それについては・・・



ただし、私も含め、以前からブログ運営をやっている人は、
最近、この系列の紹介はほとんどやっていないと思う。

この系列のウリは「紹介者自動付与制度
これは、自分で広告に申し込んで獲得したポイント数に応じて、ダウンが付与されるもの。

カード発行など高額案件が承認されれば数十人のダウンさんが獲得できるので
みんなこぞって案件申し込みをしたもんだ。


だけど・・・今では、この「紹介者自動付与制度」は実質的に破綻してしまっている。

ダウン付与可能数がほとんどないサイトもある。
例えば、PointPay

私の場合、3年以上前から、紹介者獲得予定数が残ったままになっている。
つまり、付与されるべきダウンさんが付与されないでいるということ。
一番下の39人が付与される予定のダウン数。

PointPayダウンライン



こんな状況だから、この系列は全くダメかというと、そうでもない。

上記のように、少ないダウン数でも紹介報酬を獲得できているサイトもあるし、
月に一度できるダウンチェンジでもたまには活動している会員さんを獲得できることもある。

だけど、どうだろう?
ダウンさんを100人獲得・チェンジして、活動している会員さんが1人くらいいるかな?
あまり期待しない方がいいかもしれない・・・



そういうことで、私としては、たまにはこうやって記事にすることもあるけど、
左サイドの「メニュー → ポイントサイト」の一覧には掲載していません。

ただし、こんな状態でも、「当り」のダウンさんを獲得することができれば
それなりに稼げるかもしれませんけどね・・・




【おまけ】
この系列、紹介者自動付与制度が破綻 → 新しいサイトの開設 を繰り返してきたけど、
最後のPointMemberの開設から長いこと新しいサイトを立ち上げていない。
まぁ、PointMemberが開設早々でコケてしまったからしかたないのかも。

どのサイトもほとんどコケてしまっているけど、その中で印象深いサイトもある。
それは・・・6up

このサイト、ゲーム要素を取り入れていて、一部の方?の間ではすごい盛り上がりを見せた。
ゲームで勝利することでランクアップでき、最高ランクになると
何もしなくても、毎月かなりの報酬をもらえたらしい。

今もその報酬はもらえ続けているのかな?
そのころお友達になったこのサイトの猛者たちのブログは
今では更新がストップしているみたいだけど・・・


関連記事


 カテゴリ
 タグ
None