先日発生したYahoo!のID流出事件
流出したIDは2200万件、
不可逆暗号化されたパスワード、秘密の質問の流失は148.6万件
ということです。


さて、この事件が発表された直後、私もいくつかのIDをチェックしてみましたが
その時は、流出の対象となっていませんでした。

で、昨日、利用しているID(50個くらい)を全部チェックしてみました。

その結果
ID流出(Bランク)・・・3件
ID・パスワード・秘密の質問の流出(Cランク)・・・1件

Bランクの結果画面
結果


Cランクの結果画面
結果C



Yahoo! JAPAN総ID数 約2億で、流出したのが2200万件だから
約10個に1個のIDが流出したということですね。
私の場合、約50個のIDで4件流出だから、ほぼ同じような割合で流出していた。

で、対象IDについては、すぐにパスワードや秘密の質問を変更した。
幸いにも、メインで利用しているIDは流出していなかったからひと安心。


私の場合、いろんなサイトの登録にはYahoo!メールアドレスを利用している。
で、ひとつのメールアドレスを利用するのではなく、振り分けている。

例えば、ポイントサイトだったら、利用頻度の高い順に5つくらいのIDに分けている。
あと、アンケートサイト用、アフィリエイトサイト用など、
それぞれでいくつかに分けて利用している。

50くらいのIDを持っているけど、半分くらいはFC2のIDですね。
FC2はひとつのメールアドレスで、ひとつのIDしか持てないからしかたない。
放置サイトも多いけど、20個以上のFC2のIDを持っているから。



今回、パスワードや秘密の質問が流出したのは148.6万件だけど、
それらは暗号化されているから、それでログインすることは無理らしいけど
流出された人は、パスワード、秘密の質問は変更されておいたほうがいいですよ。

自分のIDが流出したかどうかの確認は、Yahoo!JAPANトップページの上部から。

不正アクセス



こんな結果が表示されるといいですね。

対象ではありません




その圧倒的な軽さが評判のセキュリティソフト




関連記事


 カテゴリ
 タグ
None