昨日に引き続き、ブログ運営の話題を

お小遣いブログをやっている人の目的は、ほとんどの場合、
紹介しているお小遣いサイトへの友達登録ではないでしょうか?

純粋に趣味だけでブログ運営をやっている人もいるだろうけど、
手間暇かけてブログを運営するのには、それなりの理由があると思う。



さて、その友達紹介だけど、意外な盲点もあると思う。

お小遣いサイトへの友達登録をしてもらうには、お小遣いブログ(HP)で紹介するのが一般的。
これは他のジャンルでも同じだろうけど、パソコンのアフィリエイトやるんだったら
パソコン関連のブログやHPでやることが多い。

ところが、お小遣いサイトを知っている人ってのは、
ネットやっている人の中では、ごくごく少数。

ネットやっている人のほとんどは、お小遣いサイトの仕組みだけじゃなく
お小遣いサイトの存在そのものを知らないんじゃないのかな?


一つの例が私のブログ
右サイドの「人気記事ランキング」や、左サイド下の方の「検索ワードランキング
を見てもらえればわかると思うけど、パソコンやネット関連ばかり並んでいる。

個別の記事では、お小遣いの記事で検索トップページに表示されているものもある。
でも、そんなお小遣いの記事よりも、メインでないジャンルの記事へのアクセスのほうが多い。
これは、パソコンやネットに関心のある人の方がはるかに多いということなんでしょう。



そこで問題、
・お小遣いブログを訪問する人って、どんな人?

すでにお小遣いサイトの存在を知っていて、実際に活動している人が多いんじゃないかな?

もちろん、まだ活動していなくて興味がある人が検索から訪問することもあるだろうけど、
大多数はすでに活動している人だと思う。


では、次の問題
・新規登録してくれる人って、すでに他のお小遣いサイトで活動している人と、
お小遣いサイトの存在を知らなかった人とでは、どちらが多い?

これは断定はできないけど、お小遣いサイトの存在を知らなかった人のほうが多いような気がする。 


【例 1】
いろんなお小遣いサイトの友達紹介ランキングで上位にランクインしている人は
どんなサイトでそのお小遣いサイトを紹介しているのかって言うと・・・
ゲーム関連サイトでお小遣いサイトを紹介している人も多い。

これはネットゲームの場合、電子マネーが必要となる場合が多い。
多くのお小遣いサイトでは、貯めたポイントを電子マネーに交換できる。

特に、あまりお金を持たない若いゲーマーの方々は、無料で電子マネーが手に入という
誘い文句にお小遣いサイトに登録して電子マネーを稼ごうとするみたい。

ましてや、お小遣いサイトファンとゲームファンとでは、その規模は雲泥の差。
ゲームファンのほんの一部の人が登録してくれても、かなりの数になるんじゃないかな。 



【例 2】
 知っているブロガーさんで、美容系のブログを運営されている方がいらっしゃる。

ところがこの方、げん玉の友達の数と紹介報酬がハンパじゃない。
げん玉の友達の数は数千人、紹介報酬にいたっては私の紹介報酬とケタが違う。

なぜ、美容系のブログで?

そのブログでのげん玉の紹介のしかたは、サイドにバナーと簡単な紹介文を掲載されていて、
月に1~2度、げん玉での収益を紹介されている程度。

美容に興味がある人はゲームと同じように、お小遣いジャンルとは比較にならないほど多い。
そして、美容に関心がある人は主婦の方も多いと思う。

普通の主婦って、美容関連商品をバンバン買えるほどの余裕はないでしょう。
でも、ほしい・・・、買いたい・・・

そんな時、このサイトでは、お小遣いが無料で稼げるよ!って紹介されたら
やってみたくなるんじゃないかな?



この2つの例では、
・電子マネーがほしい
・美容商品を買えるお小遣いがほしい
という切実な?欲求を満たすような紹介方法が成功しているんだと思う。

つまり、お小遣いサイトの紹介は、お小遣いブログだけでやる必要はないということ。
逆に、違うジャンルのブログで紹介すると、意外と成功することもあるかもしれない。

ただし、違うジャンルのブログで紹介する場合、
紹介のしかたを間違えると逆効果になってしまうかもしれない。

あまりに露骨にお小遣いサイトを紹介すると敬遠されてしまい、
そのブログそのものの人気や訪問者を減らす結果になってしまうかもしれないから。

もし、他のジャンルのブログをお持ちの方は試してみられたらいかがでしょうか。



【追記】
私の場合、美容系も含め、他のジャンルのブログもやっているけど、
それらのブログには、お小遣いサイトの紹介は規約違反になるアフィリエイトを掲載している。

新たに別ジャンルのブログを立ち上げ、この方法を試してみたいんだけど、
残念ながら、それだけの余裕がない。

時間とセンスがあれば、ぜひやってみたいんだけど・・・


関連記事


 カテゴリ
 タグ
None