げん玉の話題


広告のポイントが変更された

げん玉のトップページに掲載されている「赤字覚悟 期間限定!!大還元コーナー

通常よりもポイントアップしている広告、100%還元の広告などが掲載されているコーナー。
時々、すごくお得な広告も掲載されているので、毎日欠かさずチェックするようにしている。


さて、昨日(9/2)、このコーナーにお得な広告が掲載されていた。

セブンカード・プラス ・・・12,500pt → 180,000pt(145,000pt増量)
※10pt=1円

げん玉セブンカード・プラス



ローン系ではない普通のクレジットカード発行で1万8千円という報酬額は大きいので、この広告を紹介していたブロガーも何人かいらっしゃった。

また、私自身もこのカードには申し込んだことがなかったし、このクラスのカードでこれだけ高額な広告も珍しいので、かなり気になっていて、夜にでも申し込もうかとも考えていた。



ところが、夜にげん玉を訪問してみると、そのポイント数が変更されていた

夜の広告
げん玉セブンカード・プラス夜


朝・・・180,000pt
夜・・・87,500pt

朝の半分以下のポイントに変更されていた。

なに、これ・・・?




対応が・・・

情報によれば、午後からこの報酬額は変更されていたみたい。
どうも、朝のポイント数は誤表記だったらしい。

ところが、夜に確認したところでは、この誤表記についての「お詫び」は掲載されていなかった。
もちろん、翌日の本日も「お詫び」は掲載されていない。


でも、これって、けっこう大きな問題じゃないのかな?

ポイントが訂正される前にこの広告に申し込んだ人は、最初に表記してあったポイントだから申し込んだという人が多いと思う。
訂正された後のポイントだったら申し込まなかったという人もいるでしょう。

だって、訂正後のポイントよりも高い報酬額で掲載しているポイントサイトもあるんだから。

セブンカード比較
→ どこ得?「セブンカード・プラス」



ましてやクレジットカードへの申し込みには、かなりデリケートな個人情報を提供する必要もある。
さらに、このカードは次年度からは完全年会費無料じゃない。

そういったリスクのある広告のポイントを間違えるのは大きなミスだと思う。

普通だったら、気付いて訂正した時点でお詫びのお知らせがあって然るべきだと思うんだけど。



さて、午前中、180,000pt の時に申し込んだ人は、その分のポイントはもらえるんでしょうか?

いつぞや、似たようなことがあった時は、一度付与されたポイントが減額されたような・・・
また、別の件では、すでにPointExchangeにポイント移行していた人は、PointExchangeからもポイントを減額されたということもあったような・・・


今回はどうなんでしょう?

誰が見ても明らかに間違いだとわかるような誤表記、
例えば、カード1枚発行で50万円、100万円分のポイントがもらえると掲載されていたのであれば、これは多くの人は間違いだとわかるだろうから、すでに記帳されたポイントを減額するというのもアリかなとは思う。

でも、今回の場合は、十分に「ありうる」ポイント設定だったでしょうからね。


昨日、このセブンカード・プラスと一緒に掲載されていた広告「イオン銀行【カードローンBIG】 」は、朝のセブンカード・プラスと同じ180,000pt だった。

上から2番目の広告

9月2日大還元コーナー


だから、たいていの人はセブンカード・プラスのポイントが誤表記だとは思わなかったと思う。
私も当然、誤表記だとは思わなかった。

他のポイントサイトでは1万円以上で掲載しているところもあったから、「赤字覚悟」として掲載しているのなら、このポイントは十分にありうるポイント数だと思っていた。





普通だったら・・・

こういった誤表記など、ポイントサイト側のミスにより、利用者に過大なポイントを付与することはたまにあると思う。

私の経験では、そういった場合、他のポイントサイトでは、たとえ間違いであっても、そのまま利用者に付与されることが多かったと思う。
つまり、利用者の不利益にならないような対応をするポイントサイトが多かったと思う。


さて、げん玉はどうするんでしょうね?

一部情報によれば、朝のポイント数で通帳に記載されていたものが減額されたとか、されないとか。


私の個人的な意見としては、申し込んだ時に記載されていたポイントを付与すべきだと思う。
だって、前にも言ったけど、そのポイント数だから申し込んだのであって、訂正後のポイントだったら申し込まなかったという人も多いだろうからね。


これがお店での買い物で、
例えば50%オフと表示されていたから買って帰ったのに、家に帰ってから、それは20%オフの間違いだったから30%分の金額を支払ってくださいと言って来られても、それには納得できないし、支払うつもりもない。

それだったら、商品は返して支払った金額を返してもらう。
そして、もっと安く売っている店で買い直すかもしれない。


ところが、今回の場合、申し込んだクレジットカードを解約すれば、別のポイントサイトから新たにそのカード発行広告に申し込めるといものじゃないでしょう。

たとえ別のポイントサイトから新たにカード発行ができたとしても、ポイント付与の対象とはならないと思う。
だって、2回目以降の申込みはポイント付与対象外となっていますからね。



とにかく、ポイントサイトにおいては付与するポイントの誤表記はあってはならないと思う。

広告申込みで付与するポイントは、他のポイントサイトと共通のものじゃない。
そのポイントサイトで独自に設定していいもの。
よって、他のポイントサイトの2倍、3倍のポイントを設定していても、それは不思議じゃない。

掲載する前に間違いがないか何度も確認する必要があると思う。
そして、一度掲載したら、その設定されたポイントは絶対なものであるはず。

「ポイント=現金」というしっかりとした認識があれば、こんな誤表記のミスは起きないと思うんだけど・・・



こういったミスが発生した時の対応によって、そのサイトの姿勢というものを見ることができると思う。
さて、げん玉の対応は・・・


もし、朝のポイントで申し込んだ人の記帳された分が、午後の少なくなったポイントへ変更されるようなことがあれば、これは大問題だと思う。

そのやり方がまかり通るようなら、この先、最初に高額のポイントで掲載しておいて、たくさんの申し込みを受けてから、あとで「そのポイントは間違いでした」と訂正して付与されたポイントを減額するようなことが多発する可能性もある。

もし、こういったことが何度も起こるようだったら、サイトの信用は無くなってしまうでしょう・・・



【未確認情報】
昨日はスマホ版でも大きな誤表記があったという話。

有料登録広告でポイント数の誤表記が複数あったらしい。
しかも、その表記されていたポイントが、ある広告ではかなり高額だったみたい。

それらの広告はすぐに承認され、表記されていたポイントが一度は付与されたみたいだけど、その後のげん玉の対応が醜いものだったと言う話。

あくまで未確認情報ですが・・・




あまりに稚拙なミスが多いような・・・

今回のポイント数の誤表記に限らず、げん玉ではあまりに稚拙なミスが多いような気がする。

同じ大還元コーナーでも、これまでに何度も表記ミスがあった。
100%還元なのに200%還元と表記してあったこともある。
また、実質100%還元じゃないのに100%還元と表記されていたり・・・

MONOW(リアルワールド)では、山分けアイテムが掲載されていないというミスは日常茶飯事。
毎週のように発生したり、何日も連続で発生したりと、なぜ同じミスをこうも何度も繰り返すのか不思議にさえ思うほど。


これまでにも、そして今でも、私は多くのポイントサイトを利用しているけど、これほど稚拙なミスを何度も繰り返すポイントサイトは、げん玉以外には見たことがない。

そういった意味でも、げん玉はNo.1ポイントサイトかもしれない。

何でも一番がいいんだよ、という考え方もあるだろうけど、こういったことではNo.1にならなくてもいいんじゃないかな?



それより、ミスはやらないほうがいいとは思うけど、人間がやることがだからミスは起こると思う。
だけど、もしミスが起きてしまったら、その後の対応をしっかりとしてもらいたい。

一流と言われる企業ほどサポートはしっかりしていると思う。

運営会社のリアルワールドはマザーズ上場が決まったことだし、それにふさわしいサポート体制作りをやっていただきたいと思います。



【おまけ】
リアルワールドのマザーズ上場については、いろんな記事が掲載されていますが
その中から辛口の記事を一つ紹介

→ リアルワールドが上場:構造上利益率向上は見込めず、売り推奨 The Startup




【追記】
この広告へ申し込んだという方から情報をいただきました。
みぃさん、情報ありがとうございました。

それによれば、朝のポイントで記帳されていたものが訂正後のポイントに変更されたそうです。

そのコメントの一部をそのまま紹介

わたし、18000ポイントの時、朝に申込みしました。ポイントがかなり高いから、忘れないうちに早めに!と思って。判定中に30分ほどで通帳記載されました。

夜、またげん玉へ訪問すると、判定中ポイントが減っていました!勝手に、訂正後のポイントに変わったんです。メールが届いており、その内容もひどいものでした。

表記は間違いで、ポイントを正しいものに減らす予定です、と。(もうすでに減らされていましたが)その次がひどいのですが、修正中に関し「その間、お客さまに対しご利用制限などは発生いたしませんので、ご安心いただければと思います」と書かれています。わたしには上から目線に感じました。そしてお詫びはなんと1000ポイントです。100円って馬鹿にしているし、別で申込みすればよかったと思います。

苦情のメールを初めてしてみました。18000だから申込みしたのに納得がいかないと。
※コメント中の「18000ポイント」は18000円、もしくは、180,000ポイントのことだと思います。



【まとめ】
9/2 大還元コーナーに「セブンカード・プラス」が180,000ptとして記載される

午後?から掲載ポイントが87,500ptに訂正される

180,000ptの時に申し込んでいた人の通帳記載ポイントが
180,000pt → 87,500ptと修正される
お詫びとして1,000pt(100円)付与される

マイナス92,500pt
プラス1,000pt(お詫び)
合計・・・マイナス91,500pt(9,150円)

ということでいいのかな?

利用者には何の非もないのに、9千円分以上のポイントを差し引いて、100円分のお詫びポイントで勘弁してよ、ということみたい。

げん玉らしいといえばそれまでだけど、これはちょっと・・・
別の方のコメントにもあったけど、げん玉での活動はクリックやゲームなどをメインにしておいたほうがいいかもしれない。

※げん玉からのポイント訂正メールらしきものが掲載されていました → こちら
※真偽は不明です



【追記】 9月4日
本日、最初に記載されていた180,000ptが付与されることになったようですね。
これが問い合わせをした人にだけなされた対処なのか、利用者すべてにされたものかは不明です。

もし、当初のポイントから減らされたままになっている人は、問い合わせをしたほうがいいかもしれません。
げん玉の場合、問い合わせをした人にだけ対処し、問い合わせをしなかった人はスルーということが過去に度々あったみたいですからね。

それにしても、以前も似たようなことがあったけど、騒ぎにならないと対処しないという隠ぺい体質は変っていないみたいですね。
もちろん、現時点でもトップページに「お詫び」のお知らせは掲載されていません・・・

過去にあった事件のひとつ → クラウド「無料ブログ登録」についての最終報告


関連記事


 カテゴリ
 タグ
None