ネットやパソコンの話題


回線速度は安定してきた

ちょっと前に、インターネット回線を最高100Mbpsのタイプから、最高1GMbpsのフレッツ光ネクスト・隼に変更した。
→ その1 ・ その2

回線速度がアップするはずのタイプに変更したけど、逆に回線速度が遅くなってしまった。
しかし、その後、いろんな調整や機器の変更などを行って、回線速度はアップしてくれた。

調整・機器変更前
Radish 変更後



調整・機器変更後
107.png


時間帯にかかわらず、ほとんど100Mbps以上は出てくれるようになった。
※いい時は130~140Mbpsくらい出てくれる。




体感的にはほとんど変らない

ポイントサイトの毎日の巡回などで感じることだけど、回線速度はアップしているけど、体感的には以前とほとんど変らないような気がする。

個別のサイトの表示にかかる時間もほとんど以前と変らないし、複数のページ(20~50ページ)を一気に開いた時も、表示にかかる時間が速くなったとは感じない。

調整前に、下りの回線速度が1Mbps以下に落ちた時間帯には、さすがに重たいな~と感じたけど、20Mbpsが100Mbpsにアップした今は、調整前よりも軽くなったとは感じない。


ということは、私のパソコン環境では、20Mpbsくらいの回線速度であれば十分だということなのかな?

もし、500Mbps以上もの下り回線速度が出ていれば、体感的にも速くなったと感じるのかもしれないけど、100Mpbsくらいでは20Mbpsとあまり差がないのかもしれない。

ただ、時間帯によって回線速度は落ちるみたいだけど、一番遅くなった時間帯でも、以前の普通の時の回線速度くらいまでしか落ちてくれないのはいい。

つまり、以前は「重たいな~」と感じていた時間帯でも快適にネットを利用できるようになってくれたということ。
これはありがたいと思う。




パソコンによって表示速度が違う

私はサブのパソコンも利用しているけど、こちらはメインのパソコンよりも性能は劣る。
で、回線速度を測定すると、もちろんメインもサブも同じ速度。

でも、同じサイトを開いても、その表示速度は全然違う。
サブのパソコンでは、そのサイトが表示されるまで時間がかかる。

ということは結局、回線速度よりもパソコンの性能のほうが重要ということなのかな?

もちろん、ある程度の速さの回線速度は必要なのかもしれないけど、一定以上の回線速度があれば、それからはパソコンの性能によって差が出るのかもしれない。

もし、最新式の高性能パソコンであれば、以前の最高20Mbpsくらいの回線速度であっても、今よりもサイトの表示が速くなるのかもしれませんね。


実際、娘が利用しているパソコンは、私のサブのパソコンと同じ機種なのですが、ゲームをよくやるのでグラボを高性能のものに変更しています。

で、娘のパソコンは私のサブのパソコンよりもサイトの表示速度がはるかに速い。

グラボだけでもそれだけ差があるのだから、CPUなどが高性能のパソコンであれば、同じ回線速度であってもサイトの表示速度が格段に速くなりそうな感じです。


最新のパソコンを短いスパンで買い換えている人は、回線速度などは気にすることなく、いつも快適なネットライフを送っているのかもしれませんね。



現在のメインパソコンは2010年8月に購入したもの。
→ 新しいパソコンがやって来ました

購入したの2010年だけど、新古品だったので2009年の機種。
もう6年くらい前の機種。

当時はけっこう高性能のパソコンだったけど、今となってはそうは言えない。
たぶん、最新のパソコンだったら、廉価版と言われるようなパソコンのほうが高性能かもしれない。
パソコンの進化の速度は速いから、6年も前のパソコンは今のパソコンと比較対象にならないかもしれません。

最新のパソコンでも購入して、快適なネットライフを送りたいけど、今のパソコンには特にこれといった不具合もないし、もうしばらくは今のパソコンでがんばっていこうと思っています。



いつかはBTOパソコンを買ってみたい・・・





関連記事


 カテゴリ
 タグ
None