パソコンの話題


無料期限が迫ってきた

現在、Windows 7、Windows 8.1をお使いの方は、Windows 10へ無料でアップグレードすることができます。

無料アップグレード


Windows 10の無償アップグレード期間は1年間となっています。
2015年7月29日から無償アップグレードが開始されたので、2016年7月29日までということになります。


多くの方はすでにWindows 10へアップグレードしているのかもしれないけど、私はまだWindows 7を使っている。
Windows 7は快調で、特に問題はありませんからWindows 10へアップグレードする必要性を感じていなかった。

でも、今だったらWindows 10へ無料でアップグレードすることができ、ずっと使い続けることができる。
もし、この無料期間中にアップグレードしなかったら、その後Windows 10へアップグレードするにはお金を支払わなくちゃいけない。
価格ははっきりとはわからないけど、1~2万円くらいだということ。


当初、そのままWindows 7を、そのサポートが終了するまで使い続けようと思っていたけど、Windows 10にアップグレードしても特に問題がなければ、サポート期間が長いWindows 10のほうが長く使うことができる。

それに、もし、Windows 10へアップグレードして不具合が発生したとしても、アップグレードしてから1か月以内だったら、Windows 7に戻すことができますからね。


ということで、今のうちに一度、Windows 10へアップグレードしてみることに。




簡単でした

昨年、無償アップグレードが開始されてからしばらくして、「メディア作成ツール」を使ってインストールメディアは作成していたけど、今回はそれは使わずにネットからアップグレードすることに。

パソコンのツールバーにある「Windows 10を入手する」のアイコンをクリック

入手する



すると、しょっちゅう表示されている、この見慣れた表示が

アップグレード



「今すぐアプグレード」をクリックすると同意画面になるので「同意する」をクリック

アップグレード開始



今すぐアップグレードを開始」をクリック

アップグレード開始2



そうすると、Windows 10 のダウンロードが始まります

ダウンロード中




その後、指示に従って進めていって、約1時間くらいでアップグレードは完了し、無事、Windows 10へと変更することができました。

10_201605082232341c3.png




データや設定などはそのままで、OSだけを変更する作業なので、あっけないほど簡単に済みました。




ソフトは対応するのかな?

Windows 10へのアップグレードで一番心配だったのは、それまで使っていたソフト(アプリ)がちゃんと動いてくれるか?ということ。

Windows標準装備ではないソフトをいくつか試してみましたが、結果、どれもちゃんと動いてくれました。

特に、 Internet Explorerベースのソフトがちゃんと動いてくれるのかを一番心配していたのですけど、これもちゃんと動いてくれました。


Windows 10のことはよく知らなかったのですけど、知り合いのWindows 10のパソコンを使ってみたら、ブラウザは「Internet Explorer」ではなくて、「Microsoft Edge」というものだったので、 Internet Explorerベースのソフトは動いてくれないのだろうと思っていました。

でも、ちゃんと動いてくれたのでうれしいです。


Windows 10では「Internet Explorer」は無くなってしまったものだと思っていたけど、実はまだ使えるみたいですね。

設定 → システム → 既定のアプリ

Web ブラウザー」の選択で、Internet Explorerを選択することもできるようになっています。

アプリの選択



Internet Explorerベースのソフトがちゃんと使えるということなので、Windows 10にアップグレードしても、現在のところは特に不具合はないみたいですね。



※ひとつだけ不具合がありました。
私がメインで使っているブラウザの「Sleipnir 4(4.3.4)」で、最小化ができません。
でも、縮小はできるので、それで対応しようと思っています。




このまま使い続ける可能性が高いみたい

Windows 10 にアップグレードして、何らかの不具合があるようだったら、Windows 7に戻そうかと思っていましたけど、現時点では、それほどの不具合は見られないので、今のところでは、そのままWindows 10を使い続けようかと思っています。

Windows 7に戻すには1ヵ月以内に行う必要があるので、もし、その間に重大な不具合があるようだったら、その時はWindows 7に戻すかもしれません。


とりあえす、しばらく使ってみて、サブのノートパソコン、娘のパソコンもWindows 10 にアップグレードするのかどうか決めたいと思っています。




新しいパソコン(CPU)でWindows 7・8.1を使っている人は要注意

OSのサポート期間の件

Windows 7・・・2020年1月
Windows 8.1・・・2023年1月

これが、これまでのサポート期間でした。


ところが、これが新しいCPUを搭載したパソコンでは変更されています。

【対象パソコン(CPU)】
米Intelの最新CPUである第6世代Core(開発コード名Skylake)を搭載したパソコン、タブレット

【サポート期間】
Windows 7・・・2020年1月 → 2017年7月17日
Windows 8.1・・・2023年1月 → 2017年7月17日

Windows 7では2年半、Windows 8.1にいたっては、なんと5年半もサポート期間が短縮されました。

→ 「Windows 7、最新CPUでは来夏でサポート終了」、波紋呼ぶMSの方針変更



さて、この対象となるCPUの「Skylake」ですが、2015年8月から発売されているシリーズです。
→ Skylakeマイクロアーキテクチャ(ウィキペディア)


2015年8月にはすでにWindows 10が発表されていたので、それ以降のパソコンを購入した人はWindows 10搭載のパソコンだったのかもしれませんけど、現在もWindows 7やWindows 8.1搭載のパソコンは販売されていますから、対象CPU搭載パソコンでWindows 7やWindows 8.1という方もいらっしゃると思います。

そういった方は、OSのサポートがあと1年ちょっとということになりますから、Windows 10へのアップグレードを考えたほうがいいかもしれません。








関連記事


 カテゴリ
 タグ
None