昨日に引き続き雑談です。


出張引き取りを断られる

亡くなった元結婚相手の遺品整理(処分)や手続きの手伝いをやっているのですが、大きな家具や家電品の処分をする必要もあります。

まだ新しい家電品などもあるので、単に処分するのではなく、いくらかにでもなればとリサイクルショップに引き取り(買い取り)をお願いしようということになりました。

で、リサイクルショップに連絡を取ると、予想外の回答が。

引き取り(買い取り)は
1.店舗への持ち込み
2.出張引き取り(買い取り)は集合住宅の場合2階の部屋まで
3.3階以上の部屋の方は、自分で1階まで降ろしていただく
※2.3.はエレベーターが設置されていない建物の場合


元結婚相手の部屋は4階でエレベーターが設置されていない建物なので、家電品などを引き取ってもらうには、自分たちで1階部分まで降ろさなくちゃいけないということ。
つまり、自分達で階段を使って1回まで降ろす必要があるということです。

とてもじゃないけど、重たい冷蔵庫や家具などは1階へ降ろすどころか、持ち上げることもできません。

リサイクルショップではなく、回収業者に頼むとかなりの費用がかかるということを聞いていたので、できればリサイクルショップで安く済ませたい。

ということで、リサイクルショップと交渉することに。

見積もりに来ていただいて、その交渉をすると、大型家電はぼちぼちの価格で買い取ってもらえることに。
・冷蔵庫・・・8,000円
・エアコン・・・6,000円(室外機も一緒に取り外してもらえる)
など

そして、値段の付かない大型家具類は有料にて回収してもらうことになりました。
もちろん、4階ということで、その分の回収費用は割り増しになるということ。

回収費用についてはある程度の金額を覚悟していたのですけど、その予想よりもかなり少ない金額(半分くらい)でOKだということ。

ということで、親族の方と相談して、その金額ですべての家電品・家具を回収していただくことにしました。




目からうろこ

さて、ゴミとして処分するつもりでいた品物もたくさんありました。

・燃えるゴミとして袋詰めしていたものが30袋くらい
・行政に出す大型の燃えるゴミ(樹脂製のイス、収納ボックスなど)
・行政に出す燃えないゴミ(小型家電・陶磁器・ガラス製品、金属製の物干し竿など)


大型家電品・家具などの回収の見積もりをしていただいた後、その業者さんが山積みとなっているゴミ袋を見て「何が入っているのですか?」と。

それらのゴミ袋に入っているのは、服やバッグ、小物など、生ごみ以外ものだと答えると・・・

「そのゴミはそのままにしておいていいですよ。ウチですべて無料で処理させていただきます」、と。

さらに、ほこりまみれの蛍光灯、錆びかかっている物干しざお、さらには、使いかけもある洗剤や歯磨きなどもすべてそのまま無料で回収してくれるということ。


どう見ても「ゴミ」としか思えないようなものなのに、どうして無料で回収してくれるのかな? と不思議で尋ねてみると。

「普通にはゴミとしか思えないようなものでも需要があることもあるんですよ」 と。

燃えるゴミとして分けておいた、なぜか1枚だけあった古い冷蔵庫の仕切り板を指して、「こういった仕切り板を欲しがる人もいらっしゃるんですよ」、と。

30袋以上あったゴミを入れた袋についても、「1つ袋の中に1つか2つでも売れるものがあれば、それで十分です」、ということ。



すでに昨日まで、30袋以上のゴミ袋を、4階から1階まで何度も往復して降ろしていたのですが、もっと早くリサイクルショップさんに来ていただいていたら、猛暑の中でつらい作業をする必要がなかったかも知れません。

でも、昨日見積もりに来ていただいたおかげで、本日大量のゴミを4階から降ろすという重労働を免れたのでうれしい限りです。


詳しく話を聞いてみると、そのリサイクルショップさんは、「遺品整理」ということもやっていて、残っている品物にもよるみたいですが、うまくいけば、無料でほとんどの品物を回収してもらえ場合もあるみたいです。



もし同じように、大量の品物を処分する必要があるときは、まず、お近くのリサイクルショップさんに見積もりに来ていただいたらいかがでしょうか。
いまくいけば、無料で、もしくはわずかの出費で、場合によってはいくらかのプラスとなり、自分ではほとんど汗を流すことなく、大量の品物を処分することができるかもしれませんよ。


※そのリサイクルショップさんの話ですが、回収・処分だけをしてくれる「回収業者」に依頼した場合の費用は、今回の場合、そのリサイクルショップさんの2倍以上になるということです。

※婚礼家具は、いくら高価なものであっても、たとえ前日に購入したものであっても買い取りとしての商品価値は無く、買い取り価格は0円だそうです。
つまり、回収してもらうと、回収・処分費用が必要だそうです。
また、回収した婚礼家具はいくらきれいなものであっても廃棄処分されるそうです。


関連記事


 カテゴリ
 タグ
None