雑談です。
テレビ番組の話題なので興味ない方はスルーしてください。


「三人ぼっち」

私は時々YouTubeで動画を見ます。

スポーツの動画を見ることが多いのですけど、その他に見るものとしてドキュメンタリーもあります。

ドキュメンタリーはいろんなジャンルを見ます。
スポーツ、芸術、音楽、その他・・・


先日、ひとつのドキュメンタリー動画を見ました。

「ザ・ノンフィクション 三人ぼっち」






フジテレビ系列で毎週日曜日に放送されている「ザ・ノンフィクション」という番組の動画ですが、今から17年前の2001年に放送された番組のようです。



父親はこのきょうだいがまだ小さい頃(次女はまだ生まれてない)に亡くなり、その後、女手ひとつで育ててくれた母親もガンで亡くなってしまい、「三人ぼっち」になってしまった三人きょうだいの物語です。

・看護学校に通う長女(20歳)
・アルバイトをしながら定時制高校に通う長男(17歳)
・中学生の次女(13歳)



簡単に言えば、三人で力を合わせて生きている、という話ですが、まぁ、そんなきれいな話ばかりじゃないみたいです。

親がいなくなってしまったことで生活がガラリと変わってしまい、その不満をぶつけ合う、学校へ行かなくなる、夜遊びをするようになる・・・、など、かなりリアルな「現実」を見せつけられます。

過酷な状況にあるのに、若さゆえでしょうか、三人とも「甘え」ものぞかせます。
でも、その反面、しっかりとした部分も見せてくれます。




これまでたくさんのドキュメンタリーを見てきましたが、この動画は見終えた後の印象がちょっと違うような感じでした。
なぜか心に残るものでした。

私の場合、スポーツでもなんでもそうですけど、印象に残った動画は何度でも繰り返し見てしまいます。
この「三人ぼっち」も2日前に初めて見たばかりですが、もう何度も見てしまいました。


感じ方は人それぞれ違うでしょうから、見ても「つまらなかった」と思われる方もいらっしゃるでしょう。
でも、まだ見たことがない方は、一度ご覧になってみたらいかがでしょうか。


この「三人ぼっち」は17年前の番組なので、現在は三人とも30歳以上となっています。
今はどんな生活を送っているのでしょうね。
どんな形であれ、幸せであることを願っています。




この「ザ・ノンフィクション」というテレビ番組ですが、この動画を見るまでその存在を知りませんでした。
1995年から始まって現在も続いているそうです。
もう23年も続いている長寿番組なんですね。

毎週日曜日に放送なので、本日(11/25)にも放送があります。

11/25(日) 13:40~14:35

→ フジテレビ ザ・ノンフィクション

放送


ぜひ見てみたいと思っています。


関連記事


 カテゴリ
 タグ
None