雑談です。
戦争などについての話題なので興味がない方はスルーしてください。



74年前

74年前の本日午前11時02分、長崎に原子爆弾が投下されました。

その後、終戦となりましたので、終戦からも、もう74年経ったんですね。


私もそうですけど、日本人の大多数が「戦争を知らない世代」となってしまいました。

私は昭和生まれで親や祖母などから戦争体験も聞いているので、ある程度は戦争については知っていますが、平成生まれの方などは親も戦争を知らない世代でしょうから、戦争については教科書で習った程度の知識しか持ち合わせていないという方もいらっしゃるでしょうね。

ですから、8月にいくつか開催される戦争に関する式典については、どういったことについてのものなのか、また、式典が開催されていること自体も知らないという方もいらっしゃるでしょうね。


8月に開催される平和に関する式典には
8/6 広島平和記念式典(広島原爆の日)
8/9 長崎平和祈念式典(長崎原爆の日)
8/15 全国戦没者追悼式(終戦の日)

などがありますが、私個人としては「8/9 長崎平和祈念式典」が一番身近に感じられます。

上記の3つの式典の中では一番目立たないかもしれませんけど、個人的に関係しているからです。


福岡に住んでいる私は、小さい頃から長崎へはよく出掛けていました。

小学校の修学旅行でも、近隣のほとんどの学校が長崎へ行くと思います。
そして、長崎の平和公園へ行き、平和祈念像も見ます。

記念像


小さい頃は、この像は何の像なのかよくわかりませんでしたが、このポーズは印象的だったので「長崎にある像」といった感じで小さい頃から覚えていました。




また、以前もお伝えしましたが、私は大切な人を血液のガンで亡くしました。
その方は長崎原爆の被爆2世でした。

原爆がその病気の原因だとは言い切れませんけど、その可能性も否定できません。

病気を発症するずっと前から、本人は
「被爆2世だから、いつか血液の病気で死ぬかもしれない」
と言ってました。

その悪い予感は的中してしまいました・・・


そして、私の娘は被爆3世です。
被爆2世の自分の親が血液の病気で亡くなったことで、娘本人も、自分もそういった病気になるかもしれないという心配が現実味を帯びてきました。

この先、娘はその心配を抱えたまま一生過ごしていかなければならないのです。


戦争が終わって74年経ちましたが、まだ戦争の傷跡は残っています。




平和な世界で

これは日本だけに限らず世界の多くの国でそうですけど、近年、ナショナリズムが台頭してきているように感じます。

これは前述したように、戦争を知らない世代が大半となったことが関係しているのかもしれません。


以前の日本の政治の世界では、戦争を経験した重鎮と言われる方々が紛争の引き金となるような政策案はことごとく阻止してくれていました。
二度と同じ過ちは繰り返さないように防波堤となってくれていたと思います。

ところが、そういった戦争を経験した方々が引退したことにより、その防波堤は崩れてしまいました。


これは政治の世界だけでなく、一般国民の意識でも同じようなことがあると思います。

世界の多くの国で「極右」と呼ばれる政党が選挙でも多くの票を集めるようになってきました。


自分の国を愛することは素晴らしいことだと思います。
しかし、それが度を過ぎると過ちを犯してしまう可能性があることは歴史が物語っています。



戦争から74年が経過し、戦争の記憶は風化しつつあります。

でも、ちょっとしたことで戦争の悲惨さ、愚かさなどは知ることができると思います。

8月15日の終戦記念日前後には、戦争に関係する映画、特番などがテレビでも毎年放送されています。
先日テレビで放送され、このブログでも紹介したアニメ映画「この世界の片隅に」もそうですけど、それらからも戦争の怖さを知ることができると思います。

興味ない方も多いでしょうけど、一年に一度だけでもそういった映画・特番などを見てみたらいかがでしょうか。



同じ過ちを二度と繰り返すことない平和な世界であることを願っています。
核爆弾が戦争で使われるのは日本が最初で最後でありますように・・・


関連記事


 カテゴリ
 タグ
None