雑談のカテゴリ記事一覧

カテゴリ:雑談

雑談のカテゴリ記事一覧。自宅でもネットでお小遣いは稼げます そんなネットで稼げるお小遣いサイトの情報をお届けしています
no-image

2016-09-15雑談
雑談です。先日も少し触れましたが、半年ほど前に購入した我が家の電子レンジが不調となり、メーカー(日立)に問い合わせ・修理依頼をした時の最終報告です。電子レンジが不調先日の記事で少し触れましたので、簡単に説明すると通常、電子レンジの扉を開ければ電源が入るようになっているけど、扉を開けても電源が入らなくなった。扉の開け閉めを何度も(何十回も)やっていると、やっと電源が入ってくれる状況。ひどい時には5分...

記事を読む

no-image

2016-09-01雑談
雑談です。電子レンジが不調半年前ほどに買い替えた我が家の電子レジ(日立製)。何の問題もなくこれまで使っていたけど、1週間前くらいから調子が悪くなりました。通常、レンジの扉を開けると電源が入るようになっているのですが、扉を開けても電源が入りません。扉を何度も開け閉めしたりしていると、何とか電源が入ってくれます。すぐに電源が入ることもあるけど、時には数分かかることもあります。電子レンジはよく使う家電品...

記事を読む

2016-08-19雑談
雑談です。リオ五輪も終盤ですが、毎日熱戦が繰り広げられていて目が離せいない状態です。ライブの放送時間が深夜になることも多く、睡眠不足の方も多いでしょう。私も多少睡眠不足です。さて、感動する競技も多いのですが、競技そのものではないけど、私が感動したオリンピックでの出来事を紹介。公開プロポーズリオ五輪では公開プロポーズが何件があったみたいですね。男性から女性へのプロポーズはもちろん、男性から男性へのプ...

記事を読む

no-image

2016-08-15雑談
昨日に引き続き雑談です。出張引き取りを断られる亡くなった元結婚相手の遺品整理(処分)や手続きの手伝いをやっているのですが、大きな家具や家電品の処分をする必要もあります。まだ新しい家電品などもあるので、単に処分するのではなく、いくらかにでもなればとリサイクルショップに引き取り(買い取り)をお願いしようということになりました。で、リサイクルショップに連絡を取ると、予想外の回答が。引き取り(買い取り)は...

記事を読む

no-image

2016-08-14雑談
雑談です。先日、私の元結婚相手が亡くなりました。で、その方の親族がいろいろと訳ありなので、私がその後の手続きや片付けの手伝いをしているのですが、これがまあ大変です。10年ほど前に私の父が亡くなった時に、その後の手続き等は私が行っていたので、ある程度は憶えていたのですが、年寄りが亡くなるのと、若い方が亡くなるのとでは、その手続きの量が違うし、一緒に暮らしていた家族の一人が亡くなるのと、一人暮らしの人が...

記事を読む

電子レンジの故障 日立さんの対応は素晴らしかったです

  •  投稿日:2016-09-15
  •  カテゴリ:雑談
雑談です。

先日も少し触れましたが、半年ほど前に購入した我が家の電子レンジが不調となり、メーカー(日立)に問い合わせ・修理依頼をした時の最終報告です。


電子レンジが不調

先日の記事で少し触れましたので、簡単に説明すると

通常、電子レンジの扉を開ければ電源が入るようになっているけど、扉を開けても電源が入らなくなった。

扉の開け閉めを何度も(何十回も)やっていると、やっと電源が入ってくれる状況。
ひどい時には5分以上扉を開け閉めし続けなくちゃいけない。




問い合わせ

そこで、メーカー(日立)のサポートへ問い合わせをすることに

自動音声による操作で、対象家電品などを選択していくと、オペレーターにすぐにつながりました。

これまで、パソコン・インターネットや携帯電話関連で何度も問い合わせの電話をしてきましたが、ほとんどの場合、かなり長い時間待たなくてはオペレーターにつながってくれませんでした。
時には、あまりに待ち時間が長いので、途中で電話を切ってしまったこともありました。

こうやってすぐに電話がつながってくれると、すごくありがたいですね。


さて、電話に出てくれたオペレーターの方は、若い?女性でした。
症状を説明すると、電子レンジのことを熟知されているみたいで、スラスラと回答していただけます。

まぁ、プロだからそれは当然のことなのかもしれませんけど、これまでやった違うジャンルの問い合わせでは素人並みの知識しか持ち合わせていないようなオペレーターの方もいらっしゃいましたからね・・・


さて、最終的にいただいた回答は
・電源スイッチの接触不良の可能性がある。
・出張修理(訪問修理)が可能。
ということ

修理に来ていただけるのはありがたいけど、とりあえず、応急処置みたいなことはできないかと尋ねると

「扉をバンと強く閉めたりしてショックを与えると、意外と改善することもありますよ。」

という、昔ながらの「力技」の方法さえ教えていただきました。

その教えていただいた方法がかなり有効的で、それを行うと、1~3回くらい扉を開け閉めすれば電源が入ってくれることが多くなりました。


とりあえず、その問い合わせの時には修理依頼をしないで、しばらく様子を見ることにしました。




修理依頼

しばらく、その「力技」を使っていましたが、1日に何度も使う家電品なので、利用するたびに何度も力技を使うのも面倒だし、あまりにショックを与えると別の個所が悪くなったりもしそうです。

ということで、出張修理依頼をすることに。


その前に気になったのが、保証の問題。
その電子レンジはディスカウント店で購入したもの。
保証書そのものは付いているけど、購入店名や購入日は記載されていません。

その保証書には、「購入から1年以内」だったら無料で修理が可能と記載されています。

購入した時にディスカウント店発行の保証書(レシートみたいなもの)はもらっていたのですが、通常のレシートと一緒に捨ててしまっていました。

はたして、購入日が記載されていない保証書が有効なのでしょうか?



ということで、修理依頼をする前に、保証書のことを尋ねてみることに。

修理依頼センターへ電話をすると、こちらもすぐにオペレーターの方につながりました。
今回も若い?女性の方。

保証書の件を尋ねると、購入日が記載されていなくても大丈夫とのこと。
おおよその購入月を伝えると、それなら無料で修理できます、ということ。
ひと安心です。
というか、最近は保証書に購入日が記載されていな場合が多いので、そのあたりは臨機応変に対応されているみたいですね。


そこで、出張修理依頼をお願いすることに。

電話したのは金曜日の夕方。
早くても週明けの修理だろうと思っていましたが、なんと翌日の土曜日に訪問してくれるということ。

訪問時間は担当者から直接連絡するということで、修理依頼を終えました。




修理

さて、修理依頼の翌日、担当者からの連絡を待っていると、朝の8時30分に連絡がありました。
「今からいいですか?」
ということ。

よくて午前中、もしかすると午後からかも?
と思っていましたけど、朝一番に訪問してくれるということ。
これはありがたいです。


しばらくして来ていただきました。
若い男性の方です。

電子レンジを分解して、測定機器を使ってセンサー・スイッチ類のチェックをされています。
私はすぐに別の部屋へ移動していましたが、20分ほど経過してから修理が完了したと。

結果、パネル(数字などが表示される液晶部分)の基盤に異常があったみたいで、その基盤を交換されたとのこと。

実際に使ってみると、扉を軽く開けただけでちゃんと電源が入ってくれます。


ありがとうございます!

しばらくの間、利用するたびに扉をバンバンと大きな音を立てなければいけなったけど、「普通に」静かに利用することができるようになりました。




すべてが早かった

日立さんへの問い合わせ・修理依頼は今回が初めてでしたけど、いや~、素晴らしかったです。

問い合わせ・修理依頼の2度の電話は、あっという間にオペレーターにつながりましたし、修理依頼も夕方に連絡して翌日の朝一番で来ていただけました。
また、修理そのものも短い時間でしていただきました。

すべてが早かったですね。


これまで数多くの業者さんへ問い合わせや修理依頼の連絡をしてきましたけど、これだけすべてがスムーズに早くできたのは初めてだと思います。

たまたま、問い合わせ・修理依頼をした時のタイミングが良かったのかもしれないけど、今回の件で、日立さんへの印象はかなり良くなりました。

もし、この先、電化製品を購入する時には、こういったことも考慮して、日立の製品を優先して購入するようになるかもしれません。



こういったことは家電品に限らず、いろんなジャンルでも同じことがいえると思います。
ポイントサイトであっても、対応が早い、丁寧な対応をしてくれるサイトを優先して利用したくなりますからね。

やっぱり、サポートというものは大切だと感じました。




 カテゴリ
 タグ
None

今でも家電品の不調での「力技」は生きているんですね

  •  投稿日:2016-09-01
  •  カテゴリ:雑談
雑談です。


電子レンジが不調

半年前ほどに買い替えた我が家の電子レジ(日立製)。

何の問題もなくこれまで使っていたけど、1週間前くらいから調子が悪くなりました。

通常、レンジの扉を開けると電源が入るようになっているのですが、扉を開けても電源が入りません。

扉を何度も開け閉めしたりしていると、何とか電源が入ってくれます。
すぐに電源が入ることもあるけど、時には数分かかることもあります。

電子レンジはよく使う家電品なので、この不調は困ります。




サポートに連絡すると

取扱説明書を見ても、この症状の場合、「コンセントは正しく接続されていますか?」という答えしか記載されていません。

ということで、サポートへ連絡してみました。

症状を説明すると、電源スイッチの接続不良の可能性が高いということ。

で、出張修理ができるので修理依頼をされたらどうでしょう?という回答。


まぁ、それはいいけど、とりあえず応急処置みないなものをできないかと尋ねると、意外なアドバイスが・・・

「扉をバンと強く閉めたりしてショックを与えると、意外と改善することもありますよ。」


確かに、昔の電化製品は調子が悪い時には叩いたりすれば直ることもあったと思う。
でも、現在の精密な電化製品でも、その方法が通用するのかな?
半信半疑だったけど、一応試してみることに。

普通に扉を開け閉めしても、やっぱり電源がはいらない。
そこで、バンと強く扉を閉めてみた。
そして、扉を開けてみると・・・

なんと、一発で電源が入ってくれた・・・

それから扉を開けても電源が入らない時に何度か試してみたけど、強く扉を閉めると電源が入ってくれる。

残念ながら、一度強いショックを与えれば、それ以降は元通り、いつも電源が入ってくれるというようにはなってくれなかったけど、とりあえず、電源が入らない時には、そのようにすれば簡単に電源が入るようになってくれた。


ん~、今の電化製品でも、調子の悪い時には力技の対処方法が有効なんですね。

今の電化製品はかなり精密になっている感じがしていたから、ショックを与えると悪いと思っていたけど、場合によってはショックを与えると良くなることもあるみたいですね。

でも、これからずっとショックを与え続けるのもなんだから、もうしばらく様子を見て相変わらずのようだったら出張修理依頼を頼もうかと思っています。


それにしても、大手メーカーのサポートで、こういった力技の対処法をおすすめしてくれるとはちょっと意外でした。

あまりお勧めはできないかもしれませんけど、もしお使いの電化製品が調子悪い時には、叩いたりするなどショックを与えてみたらいかがでしょう。




【おまけ】

昨晩、大きな地震がありました。
震源地は熊本だったのですけど、熊本の近くに住んでいるので、けっこう揺れました。
久し振りの大きな地震だったので、ちょっとビックリしましたけど、特にこれといった被害はなかったのでよかったです。

また、台風10号での東北・北海道の被害はひどいですね。
多くの個所で川が氾濫し浸水した家も多いみたいですね。
あまり雨が多く降らない地域だったので、余計に被害が拡大したのかもしれませんね。

でも、最近の状況を見ていると、これまではなかったから、というのはもう通用しないみたいですね。
雨が多くなかった地域、台風が上陸しなかった地域、地震が少なかった地域でも、それなりの準備はしておいた方がいいみたいですね。




 カテゴリ
 タグ
None

リオ五輪での中国選手の「公開プロポーズ」 感動しました

  •  投稿日:2016-08-19
  •  カテゴリ:雑談
雑談です。

リオ五輪も終盤ですが、毎日熱戦が繰り広げられていて目が離せいない状態です。
ライブの放送時間が深夜になることも多く、睡眠不足の方も多いでしょう。
私も多少睡眠不足です。

さて、感動する競技も多いのですが、競技そのものではないけど、私が感動したオリンピックでの出来事を紹介。


公開プロポーズ

リオ五輪では公開プロポーズが何件があったみたいですね。

男性から女性へのプロポーズはもちろん、男性から男性へのプロポーズ、女性から女性へのプロポーズもありました。

そんな公開プロポーズの中で私が感動したのは、中国の飛込み選手のプロポーズ。

プロポーズ
引用 http://sports.nhk.or.jp/video/element/video=27204.html


8月14日、男子シンクロ3メートル板飛び込みで銅メダルを獲得した秦凱選手が、女子3メートル板飛び込みで銀メダルに輝いた中国の何姿選手に、何姿選手の表彰式終了後、プロポーズをしました。


この出来事はニュースで知っていたのですが、画像だけの紹介だったので、どうしてもそのプロポーズの一部始終を見たくて映像を探していましたが、やっと見つけることができました。

→ NHK Rio 2016 オリンピック 「女子板飛び込み決勝」

※映像の配信期間は限定されているみたいなので、もし、配信が終了していたらごめんなさい。


この映像は競技と表彰式すべてが記録されているので、1時間47分くらいの長さとなっています。

で、そのプロポーズの場面は、1時間41分くらいからです。
※右下に経過時間が表示されるので、スライダーをスライドさせると、すぐにその場面を見ることができます。



男性が指輪と花を持って女性に近づいていくと、会場の観客は何が起きているのかすぐに察したみたいで歓声が沸き上がります。
そして、男性が女性の前にひざまずくと歓声はさらにヒートアップ。

男性がプロポーズの言葉を発し、それに対し女性がうなずくと、もう観客のボルテージは最高潮となります。

プロポーズが成功した後、二人が抱き合うと、カメラが粋な演出をしてくれるのも素晴らしいです。
まるで映画のワンシーンを観ているようです。



いや~、このプロポーズは感動しました。
何度も繰り返し見ましたが、そのたびに涙があふれてきてました。

これまでリオ五輪ではいろんなシーンで感動してきましたけど、涙を流したのはこのシーンが初めてだったかもしれません。

また、共産主義国家の中国選手がこういったことを行うということも意外で、その分、余計に感動したのかもしれません。

お二人とも末永くお幸せに!





【お詫び】
最近、このブログのネタが「雑談」となっていることが多くなっています。
4年に一度のオリンピックが開催されていて、また、それと同時にプライベートで大きな出来事があったので、そういったことを話題にすることが増えています。
どちらもまだ進行形なので、お小遣い稼ぎ活動は少しセーブしている状況です。
もうしばらくは「雑談」の話題が登場するかもしれませんけど、どうかご勘弁を。




 カテゴリ
 タグ
None

リサイクルショップをうまく利用しましょう

  •  投稿日:2016-08-15
  •  カテゴリ:雑談
昨日に引き続き雑談です。


出張引き取りを断られる

亡くなった元結婚相手の遺品整理(処分)や手続きの手伝いをやっているのですが、大きな家具や家電品の処分をする必要もあります。

まだ新しい家電品などもあるので、単に処分するのではなく、いくらかにでもなればとリサイクルショップに引き取り(買い取り)をお願いしようということになりました。

で、リサイクルショップに連絡を取ると、予想外の回答が。

引き取り(買い取り)は
1.店舗への持ち込み
2.出張引き取り(買い取り)は集合住宅の場合2階の部屋まで
3.3階以上の部屋の方は、自分で1階まで降ろしていただく
※2.3.はエレベーターが設置されていない建物の場合


元結婚相手の部屋は4階でエレベーターが設置されていない建物なので、家電品などを引き取ってもらうには、自分たちで1階部分まで降ろさなくちゃいけないということ。
つまり、自分達で階段を使って1回まで降ろす必要があるということです。

とてもじゃないけど、重たい冷蔵庫や家具などは1階へ降ろすどころか、持ち上げることもできません。

リサイクルショップではなく、回収業者に頼むとかなりの費用がかかるということを聞いていたので、できればリサイクルショップで安く済ませたい。

ということで、リサイクルショップと交渉することに。

見積もりに来ていただいて、その交渉をすると、大型家電はぼちぼちの価格で買い取ってもらえることに。
・冷蔵庫・・・8,000円
・エアコン・・・6,000円(室外機も一緒に取り外してもらえる)
など

そして、値段の付かない大型家具類は有料にて回収してもらうことになりました。
もちろん、4階ということで、その分の回収費用は割り増しになるということ。

回収費用についてはある程度の金額を覚悟していたのですけど、その予想よりもかなり少ない金額(半分くらい)でOKだということ。

ということで、親族の方と相談して、その金額ですべての家電品・家具を回収していただくことにしました。




目からうろこ

さて、ゴミとして処分するつもりでいた品物もたくさんありました。

・燃えるゴミとして袋詰めしていたものが30袋くらい
・行政に出す大型の燃えるゴミ(樹脂製のイス、収納ボックスなど)
・行政に出す燃えないゴミ(小型家電・陶磁器・ガラス製品、金属製の物干し竿など)


大型家電品・家具などの回収の見積もりをしていただいた後、その業者さんが山積みとなっているゴミ袋を見て「何が入っているのですか?」と。

それらのゴミ袋に入っているのは、服やバッグ、小物など、生ごみ以外ものだと答えると・・・

「そのゴミはそのままにしておいていいですよ。ウチですべて無料で処理させていただきます」、と。

さらに、ほこりまみれの蛍光灯、錆びかかっている物干しざお、さらには、使いかけもある洗剤や歯磨きなどもすべてそのまま無料で回収してくれるということ。


どう見ても「ゴミ」としか思えないようなものなのに、どうして無料で回収してくれるのかな? と不思議で尋ねてみると。

「普通にはゴミとしか思えないようなものでも需要があることもあるんですよ」 と。

燃えるゴミとして分けておいた、なぜか1枚だけあった古い冷蔵庫の仕切り板を指して、「こういった仕切り板を欲しがる人もいらっしゃるんですよ」、と。

30袋以上あったゴミを入れた袋についても、「1つ袋の中に1つか2つでも売れるものがあれば、それで十分です」、ということ。



すでに昨日まで、30袋以上のゴミ袋を、4階から1階まで何度も往復して降ろしていたのですが、もっと早くリサイクルショップさんに来ていただいていたら、猛暑の中でつらい作業をする必要がなかったかも知れません。

でも、昨日見積もりに来ていただいたおかげで、本日大量のゴミを4階から降ろすという重労働を免れたのでうれしい限りです。


詳しく話を聞いてみると、そのリサイクルショップさんは、「遺品整理」ということもやっていて、残っている品物にもよるみたいですが、うまくいけば、無料でほとんどの品物を回収してもらえ場合もあるみたいです。



もし同じように、大量の品物を処分する必要があるときは、まず、お近くのリサイクルショップさんに見積もりに来ていただいたらいかがでしょうか。
いまくいけば、無料で、もしくはわずかの出費で、場合によってはいくらかのプラスとなり、自分ではほとんど汗を流すことなく、大量の品物を処分することができるかもしれませんよ。


※そのリサイクルショップさんの話ですが、回収・処分だけをしてくれる「回収業者」に依頼した場合の費用は、今回の場合、そのリサイクルショップさんの2倍以上になるということです。

※婚礼家具は、いくら高価なものであっても、たとえ前日に購入したものであっても買い取りとしての商品価値は無く、買い取り価格は0円だそうです。
つまり、回収してもらうと、回収・処分費用が必要だそうです。
また、回収した婚礼家具はいくらきれいなものであっても廃棄処分されるそうです。




 カテゴリ
 タグ
None

人が亡くなるといろいろと大変です

  •  投稿日:2016-08-14
  •  カテゴリ:雑談
雑談です。


先日、私の元結婚相手が亡くなりました。

で、その方の親族がいろいろと訳ありなので、私がその後の手続きや片付けの手伝いをしているのですが、これがまあ大変です。

10年ほど前に私の父が亡くなった時に、その後の手続き等は私が行っていたので、ある程度は憶えていたのですが、年寄りが亡くなるのと、若い方が亡くなるのとでは、その手続きの量が違うし、一緒に暮らしていた家族の一人が亡くなるのと、一人暮らしの人が亡くなるのとでは、遺品の整理・処理などの量がはるかに違いますね。

元結婚相手は公営団地の4階で一人暮らしだったのですが、この2日間で出た燃えるゴミの量が50袋ほど。
まだまだ出そうです。
しかもそのごみ袋を4階から持って階段を降り、それから少し離れているゴミ出し場まで何十往復もしなくてはいけない。

肉体的にもボロボロ状態です。
しかも、毎日35℃以上の猛暑日ですからね。
1日何リットルもの水分を補給しながら、朝から夕方までそういった作業をやっています。

大きな家具や家電品の処分などはリサイクル業者さんや回収業者さんに任せるつもりですが、一人暮らしであっても、燃えるゴミだけでこれだけたくさん出るものだとびっくりしています。



これからまだまだたくさんやらなくちゃいけないことがあります。
いろんな行政手続き、携帯やネットなど登録していたものの解約手続き、自動車の処分・・・などなど。

私の休みも限られていますので、時間を見つけてぼちぼちとやっていこうと思っています。


結婚する時よりも離婚する時の方が、はるかに面倒で大変ですけど、同じように、人が生まれた時よりも亡くなった時の方がはるかに大変ですね。

人間、いつどうなるかわかりませんから、これはメモ書きでもいいから、登録しているもの、契約している保険等、金融機関情報は書き残しておいた方が、あとの処理をしてくれる人はありがたいですね。

盆休みなど時間がある時に、自分のそういった情報をチェックしておいたらどうでしょうか。


本日も片付けに行ってきます。






 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © かおりの毎日ポイント生活 ~ネットで稼げるお小遣いサイト情報~ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます